無料ブログはココログ

« 【Cisco Tips】 Ciscoで使うURL指定 | トップページ | 【Cisco Tips】 Ciscoのフラッシュメモリ種別 »

【GMPLS】 9. JuniperのLMPは変?

先日 から実験しているGMPLSですが、うまく動かないのも悔しいので、もう少しだけ試してみようと思います。

JuniperのGMPLSがうまく動作しない原因を突き詰めていくと、LMPがうまく機能していないように思えます。 マニュアルによると、LMPのピアを設定すれば、仮想的に割り当てたアドレスがOSPFなり、 RSVPなりでやりとりできるようになるはずなのですが・・・

After you have configured the LMP peers, add the peer interfaces to RSVP and OSPF. The peer interface name must match the peer name configured in LMP. Once the peer interfaces are added to the protocols, the traffic engineering link local and remote addresses can be signaled and advertised to peers like any other interface enabled for RSVP and OSPF. These addresses act as virtual interfaces for GMPLS.

とりあえず、コントロールチャネル上に何が流れてるのかを突き止めないといけません。 etherealでfe-0/0/0上をモニターしてみると、GRE上でOSPFの隣接が確立されてました。 GREはOSPFの動作対象から外してますから、 トラフィックエンジニアリング用のpeer-interface設定が効いているのに間違いありません。 実際、gre.0はOSPFが動いていません。

【etherealのデータ

gsi@R1# run show ospf interface gre.0

[edit protocols link-management]
gsi@R1#

ここまでは良さそうなのですが、 トラフィックエンジニアリング用に特別なLSAが流れてるかっていうと、そうでもないようです。 普通のLSAだけです。

si@R1# run show ospf database

    OSPF link state database, area 0.0.0.0
 Type       ID               Adv Rtr           Seq      Age  Opt  Cksum  Len
Router  *192.168.254.1    192.168.254.1    0x8000000a   961  0x2  0xde47  48
Router   192.168.254.2    192.168.254.2    0x8000000a   964  0x2  0xf22f  48
Network  192.168.1.2      192.168.254.2    0x80000003   240  0x2  0x624b  32

[edit protocols link-management]
gsi@R1# run show ospf database detail

    OSPF link state database, area 0.0.0.0
 Type       ID               Adv Rtr           Seq      Age  Opt  Cksum  Len
Router  *192.168.254.1    192.168.254.1    0x8000000a   966  0x2  0xde47  48
  bits 0x0, link count 2
  id 192.168.1.2, data 192.168.1.1, Type Transit (2)
  TOS count 0, TOS 0 metric 1
  id 192.168.254.1, data 255.255.255.255, Type Stub (3)
  TOS count 0, TOS 0 metric 0
Router   192.168.254.2    192.168.254.2    0x8000000a   969  0x2  0xf22f  48
  bits 0x0, link count 2
  id 192.168.1.2, data 192.168.1.2, Type Transit (2)
  TOS count 0, TOS 0 metric 1
  id 192.168.254.2, data 255.255.255.255, Type Stub (3)
  TOS count 0, TOS 0 metric 0
Network  192.168.1.2      192.168.254.2    0x80000003   245  0x2  0x624b  32
  mask 255.255.255.0
  attached router 192.168.254.2
  attached router 192.168.254.1

[edit protocols link-management]
gsi@R1#

ルータLSAにConnection to P-to-Pがない事を考えると、 peer-interfaceの存在はどうなってしまったのでしょう?

GRE上には、OSPF以外にこれといってパケットが流れる様子はありません。 JuniperのLMPはスタティックということで納得するとしても、RSVPは変ですね。 GRE上にRSVPメッセージが流れないと、やっぱりおかしいです。

あらゆる可能性を排除するために、まずマニュアルのススメに従って、 データチャネル用の物理インタフェース(fe-0/0/1)に割り当てるアドレスと、 論理的なTEリンクに割り当てるアドレスを変えてみました。 が、まったく影響なし。

コントロールチャネルにGREを使うのがいけないのかと思って、 さらにso-0/1/1でJuniper間を直結してみましたが、 それでもダメ。

うーーん、どうしたものか・・・

つづく(のかな?)

« 【Cisco Tips】 Ciscoで使うURL指定 | トップページ | 【Cisco Tips】 Ciscoのフラッシュメモリ種別 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54859/1659829

この記事へのトラックバック一覧です: 【GMPLS】 9. JuniperのLMPは変?:

« 【Cisco Tips】 Ciscoで使うURL指定 | トップページ | 【Cisco Tips】 Ciscoのフラッシュメモリ種別 »