無料ブログはココログ

« 【GMPLS】 6. LSPを利用してみる | トップページ | 【DOWNLOAD】 5. 簡易ターミナルサーバ »

【GMPLS】 7. 実験は成功したのか?

7. 実験は成功したのか?

ここまでの実験で、一見うまくいっているようにも見えますが、 R1-R2間のデータチャネル fe-0/0/1 をモニターしてみると、RSVPのシグナリングが見えてしまってます。

No Time        Source                Destination           Protocol Info
 1 0.000000    10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
 2 0.013158    10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 
 3 9.080752    10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
 4 9.094033    10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 
 6 16.814830   10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     RESV Message. SESSION: IPv4-LSP, Destination 192.168.254.2, Tunnel ID 64135, Ext ID c0a8fe01. FILTERSPEC: IPv4-LSP, Tunnel Source: 192.168.254.1, LSP ID: 1. 
 7 16.901259   192.168.254.1         192.168.254.2         RSVP     PATH Message. SESSION: IPv4-LSP, Destination 192.168.254.2, Tunnel ID 64135, Ext ID c0a8fe01. SENDER TEMPLATE: IPv4-LSP, Tunnel Source: 192.168.254.1, LSP ID: 1. 
 8 18.181299   10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
 9 18.194599   10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 
10 19.665171   192.168.254.2         192.168.254.1         RSVP     PATH Message. SESSION: IPv4-LSP, Destination 192.168.254.1, Tunnel ID 36276, Ext ID c0a8fe02. SENDER TEMPLATE: IPv4-LSP, Tunnel Source: 192.168.254.2, LSP ID: 1. 
11 19.665725   10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     RESV Message. SESSION: IPv4-LSP, Destination 192.168.254.1, Tunnel ID 36276, Ext ID c0a8fe02. FILTERSPEC: IPv4-LSP, Tunnel Source: 192.168.254.2, LSP ID: 1. 
12 27.291897   10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
13 27.305318   10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 
14 36.412512   10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
15 36.426033   10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 
17 45.552885   10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
18 45.566979   10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 
19 54.583646   10.0.1.1              10.0.1.2              RSVP     HELLO Message. 
20 54.597502   10.0.1.2              10.0.1.1              RSVP     HELLO Message. 

【イーサリアルの<データ

これは明らかに期待した動きではありません。 本来fe-0/0/1はデータチャネル専用で、制御パケットは流したくないのです。 そのためにわざわざLMPを使って、アウトバンドの制御チャネル用にGREトンネルを作成しているのですから、 そっちにRSVPが流れて欲しいわけです。

RSVPのインタフェース状況を見ると、fe-0/0/1でもRSVPがアップしてしまってます。

gsi@R1# run show rsvp interface
RSVP interface: 2 active
                  Active Subscr- Static      Available   Reserved    Highwater
Interface   State resv   iption  BW          BW          BW          mark
fe-0/0/0.0  Up         0   100%  100Mbps     100Mbps     0bps        0bps
fe-0/0/1.0  Up         1   100%  100Mbps     100Mbps     0bps        0bps

しかし、fe-0/0/1をRSVPから外すと、こんどはLSPが張れなくなります。

さらに、peer-interfaceで設定したピアの情報が出てきません。これは変ですね・・・
LMP→OSPF、LMP→RSVPの連携がうまくいってないように見えます。うーん。

とりあえず、実験は失敗なのですが、GMPLSの概念の一片は理解できたので、そういう意味では成功です。 後の課題としては、LMPについて理解が足りないので、もう少し机上調査が必要です。

つづく。

« 【GMPLS】 6. LSPを利用してみる | トップページ | 【DOWNLOAD】 5. 簡易ターミナルサーバ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54859/1627261

この記事へのトラックバック一覧です: 【GMPLS】 7. 実験は成功したのか?:

« 【GMPLS】 6. LSPを利用してみる | トップページ | 【DOWNLOAD】 5. 簡易ターミナルサーバ »