無料ブログはココログ

« 【IS-IS】 RFC1195 Use of OSI IS-IS for Routing in TCP/IP and Dual Environments | トップページ | 【OSPF】 5. ネットワークタイプとルータLSA »

【OSPF】 4. ルータLSAの中身

4. ルータLSAの中身

ルータLSAはその時のルータの状況によって変化していきます。 同じイーサネットに繋がっているときでも、そのイーサ上に他にルータがいるときと、いないときで中身は変化します。

たとえば次の図の左側は、2台のルータはお互いに存在を認識していない状況です。 立ち上げ直後とか、スパニングツリーのブロッキング状態などでこういう状況になります。 そうなると、ルータは「自分以外にルータのいないセグメント」というように判断しますので、 Connection to a stub networkというようにルータLSAを作ります。 Helloを使って隣接ルータを認識すると、右の図のようになります。 こうなると、Connection to a transit networkという内容でルータLSAを作ります。 ネットワークに異変が起こると、その状況に応じて次々にその中身を変えていくわけです。

イーサネット(というか、ブロードキャスト型)の場合、 自分以外のルータがいるかどうかでLSAの作り方が変わるのですが、 もう一つ注意したいのは専用線の場合です。 Point-to-pointネットワークではIPアドレスを割り当てないunnumberedという接続方法がよく用いられますが、 アドレスを割り当てた場合と、unnumberedの場合でルータLSAの中身は変わります。

RFC2328のセクション12.4.1.1によると、 Connection to a point-to-pointというのが必須です。 加えて、Connection to a stubというのも入れるべきだと言っています。

分かりづらいので、ここでは実験して具体的に見てみましょう。

設定 ( R1  R2  R4  R6)

R1, R2はJuniperです。R4, R6はCiscoです。R5とR7はおまけのCiscoで、ホストの代わりに置いてます。 R1-R4間をPOSで繋ぎ、Unnumberedとします。R2-R6間もPOSで繋ぎ、ここには192.168.26.0/24のサブネットを割り当てます。

このネットワークでLSAが全部で何個生成されるか見てみましょう。

R4#show ip ospf database

            OSPF Router with ID (192.168.254.4) (Process ID 100)

                Router Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Link count
192.168.254.1   192.168.254.1   350         0x80000156 0x00642D 4
192.168.254.2   192.168.254.2   835         0x800001A8 0x00D80A 4
192.168.254.4   192.168.254.4   1305        0x80000005 0x000E6C 3
192.168.254.6   192.168.254.6   1923        0x8000000D 0x006AE5 4

                Net Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
192.168.1.1     192.168.254.1   370         0x80000003 0x007639
192.168.2.6     192.168.254.6   412         0x80000004 0x0085F6
R4#

全部でルータLSAが4個、ネットワークLSAが2個あります。 OSPFルータは4台で、それぞれが1個ずつルータLSAを作成しています。 ネットワークLSAは、2台以上のルータがいるブロードキャスト型ネットワークに登場します。 指名ルータがネットワークLSAを作成します。

Juniperのunnumbered point-to-pointの例

R1(Juniper)はUnnumberedリンクを持っています。

R4#show ip ospf database router adv-router 192.168.254.1

            OSPF Router with ID (192.168.254.4) (Process ID 100)

                Router Link States (Area 0)

  LS age: 620
  Options: (No TOS-capability, No DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 192.168.254.1
  Advertising Router: 192.168.254.1
  LS Seq Number: 80000156
  Checksum: 0x642D
  Length: 72
  Number of Links: 4

    Link connected to: a Transit Network
     (Link ID) Designated Router address: 192.168.1.1
     (Link Data) Router Interface address: 192.168.1.1
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 10

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.254.1
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 0

    Link connected to: another Router (point-to-point)
     (Link ID) Neighboring Router ID: 192.168.254.4
     (Link Data) Router Interface address: 0.0.0.70
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.254.4
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

青い字になっている部分がPOSの部分に相当します。 Juniperの場合、Connection to point-to-pointに加えて、Connection to a stubを入れてます。 RFCで推奨される通りの動作ですが・・・
その中身に注目してください。 Connection to a stubで広告している192.168.254.4/32はR4のループバックアドレスです。 これは意味的におかしいですね。 R4が広告すべきホストルートをR1が広告してしまってます。 これはUnnumberedリンクの弊害で、仕方ないことです。

Juniperのnumbered point-to-pointの例

R2のPOSは192.168.26.0/24というサブネットを持ったPoint-to-pointです。

R4#show ip ospf database router adv-router 192.168.254.2

            OSPF Router with ID (192.168.254.4) (Process ID 100)

                Router Link States (Area 0)

  LS age: 1758
  Options: (No TOS-capability, No DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 192.168.254.2
  Advertising Router: 192.168.254.2
  LS Seq Number: 800001A8
  Checksum: 0xD80A
  Length: 72
  Number of Links: 4

    Link connected to: a Transit Network
     (Link ID) Designated Router address: 192.168.1.1
     (Link Data) Router Interface address: 192.168.1.2
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 10

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.254.2
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 0

    Link connected to: another Router (point-to-point)
     (Link ID) Neighboring Router ID: 192.168.254.6
     (Link Data) Router Interface address: 192.168.26.2
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.26.0
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.0
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

同じく、青い字になっている部分がPOSの部分に相当します。 Connection to point-to-pointの中身(Link ID、Link Data)がunnumberedの時と微妙に違うのが分かります。 Connection to a stubは、割り当てられたサブネット192.168.26.0/24なので、これは納得です。

Ciscoのunnumbered point-to-pointの例

次にCiscoのunnumberedの例を見てみましょう。

R4#show ip ospf database router adv-router 192.168.254.4

            OSPF Router with ID (192.168.254.4) (Process ID 100)

                Router Link States (Area 0)

  LS age: 429
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 192.168.254.4
  Advertising Router: 192.168.254.4
  LS Seq Number: 80000006
  Checksum: 0xC6D
  Length: 60
  Number of Links: 3

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.254.4
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: another Router (point-to-point)
     (Link ID) Neighboring Router ID: 192.168.254.1
     (Link Data) Router Interface address: 0.0.0.5
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Transit Network
     (Link ID) Designated Router address: 192.168.2.6
     (Link Data) Router Interface address: 192.168.2.4
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

Ciscoの場合、Connection to point-to-pointのみになってます。 RFCではConnection to stubはSHOULDなので、これでもよいのです。 むしろ、好ましいと言えます。

Ciscoのnumbered point-to-pointの例

Ciscoのnumberedの場合も見ておきましょう。

R4#show ip ospf database router adv-router 192.168.254.6

            OSPF Router with ID (192.168.254.4) (Process ID 100)

                Router Link States (Area 0)

  LS age: 1185
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 192.168.254.6
  Advertising Router: 192.168.254.6
  LS Seq Number: 8000000E
  Checksum: 0x68E6
  Length: 72
  Number of Links: 4

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.254.6
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: another Router (point-to-point)
     (Link ID) Neighboring Router ID: 192.168.254.2
     (Link Data) Router Interface address: 192.168.26.6
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 192.168.26.0
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.0
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Transit Network
     (Link ID) Designated Router address: 192.168.2.6
     (Link Data) Router Interface address: 192.168.2.6
      Number of TOS metrics: 0
       TOS 0 Metrics: 1

これはJuniperのnumberedと同じですね。

つづく。

« 【IS-IS】 RFC1195 Use of OSI IS-IS for Routing in TCP/IP and Dual Environments | トップページ | 【OSPF】 5. ネットワークタイプとルータLSA »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54859/1591632

この記事へのトラックバック一覧です: 【OSPF】 4. ルータLSAの中身:

« 【IS-IS】 RFC1195 Use of OSI IS-IS for Routing in TCP/IP and Dual Environments | トップページ | 【OSPF】 5. ネットワークタイプとルータLSA »