無料ブログはココログ

« 【Cisco Tips】 Q. OSPFのASEの種類 | トップページ | 【BFD】 6. BFDのまとめ »

【BFD】 5. BFDのセッション確立

5. BFDのセッション確立

前回の実験はどうやらパラメータ設計をミスってたようなので、再度実験しましょう。 OSPFのインタフェース設定を次のように変えてみます。

interface fe-0/0/0.0 {
    metric 10;
    bfd-liveness-detection {
        minimum-transmit-interval 200;
        minimum-receive-interval 100;
        multiplier 3;
    }
}

送信間隔として200msecを指定、multiplierを3とします。したがって600msecでセッションダウンとなります。 受信可能な最小間隔としては100msecを指定しておきます。

まずは、R2のBFDの設定を削除した状態から開始します。 R2にBFDの設定を投入してcommitした後、どのようにしてBFDセッションが確立されるのか観察してみます。

    R1           R2
    ---------------
          → BFD(My=9, Your=0), MinTx=1000, Diag=AdminDown
     1秒間隔
          → BFD(My=9, Your=0), MinTx=1000, Diag=AdminDown
     1秒間隔
          → BFD(My=9, Your=0), MinTx=1000, Diag=AdminDown

設定値に関わらず、BFD制御パケットは1秒に1回送信されてます。 Desired Min Txは1000(msec)になっています。 ICMP Port Unreachableとか出てないところを見ると、R2はパケットの認識はしているようです。

続いてR2で設定をcommitしてみます。

    R1           R2
    ---------------
          ← BFD(My=10, Your=0), MinTx=1000
          → BFD(My=9, Your=10), MinTx=1000, Diag=AdminDown
     1秒間隔
          → BFD(My=9, Your=10), MinTx=1000, Diag=AdminDown (再送?)
          ← BFD(My=10, Your=9), MinTx=1000, Message="I hear you"

      3way-handshakeによるネゴシエーション完了

          → BFD(My=9, Your=10), MinTx=200, Diag=AdminDown, Message="I hear you"
          ← BFD(My=10, Your=9), MinTx=200, Message="I hear you"
          → BFD(My=9, Your=10), MinTx=200, Diag=AdminDown, Message="I hear you"
          ← BFD(My=10, Your=9), MinTx=200, Message="I hear you"
          → BFD(My=9, Your=10), MinTx=200, Diag=AdminDown, Message="I hear you"
          ← BFD(My=10, Your=9), MinTx=200, Message="I hear you"

3way-handshakeでタイマー関連のネゴシエーションを完了すると、以降は定期的に制御パケットを投げ続けます。 エコーはしないので、R1→R2のパケット送信と、R2→R1のパケット送信は独立です。

Etherealのデータ

次に、Juniperのトレース機能を使って様子を観察してみます。 JUNOS6.4R1.6にはprotocols→bfdにトレースオプションがあります。

bfd {
    traceoptions {
        file bfd-trace;
        flag event;
    }
}

次のようにモニターを開始してから、セッションを一度クリアすると、 画面にデバッグ内容が表示されます。

gsi@R2> monitor start bfd-trace
gsi@R2> clear bfd session
gsi@R2>
*** bfd-trace ***
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state Up -> Failing
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state Up -> Failing
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state Failing -> Down
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state Down -> Failing
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state Failing -> AdminDown
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state Failing -> Failing
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state Failing -> AdminDown
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state AdminDown -> Failing
Sep 30 03:27:41 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state AdminDown -> Failing
Sep 30 03:27:42 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state Failing -> Down
Sep 30 03:27:42 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state Failing -> Down
Sep 30 03:27:43 Session 192.168.2.1 (IFL 68) state Down -> Up
Sep 30 03:27:43 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state Down -> Init
Sep 30 03:27:43 Session 192.168.1.1 (IFL 67) state Init -> Up

gsi@R2> monitor stop
gsi@R2>

【疑問】
JuniperでLocal Diagを消すコマンドが分かりません。

« 【Cisco Tips】 Q. OSPFのASEの種類 | トップページ | 【BFD】 6. BFDのまとめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54859/1556411

この記事へのトラックバック一覧です: 【BFD】 5. BFDのセッション確立:

« 【Cisco Tips】 Q. OSPFのASEの種類 | トップページ | 【BFD】 6. BFDのまとめ »